丹田

鍛えるといいことだらけ!?丹田を鍛えて得られる6つの効果

DSC00569 (1024x575)

丹田とは
お臍と腰椎3番と肛門を結ぶ3角形の中心部分にある生命力が生み出されるところです。
しかし、解剖しても目に見える臓器として存在しません。

つまり
目には見えないけれど、私達の体の健康や生命力を生み出す源ということです。

だから
生命と『丹田』は深く繋がりがあるため、
丹田を鍛えていないと精神的、身体的に不安定になりやすいです。

なので
健康的に活き活きと生活するためにも丹田を鍛えることは非常に重要です。

丹田が安定していないと起こること

私達現代人は、どれだけの人がこの『丹田=肚』を意識していることでしょう。

実は、丹田が安定していないことにより、様々な心身の悩みを持ってる方が多いのは、お気づきでしょうか?

2愛キャッチ

肉体的な症状

疲れやすい、頭痛、身体がふらついて安定感がない、片足で立てない、転びやすい、

肩こり、腰痛、膝痛、生理痛など・・・

心の症状

精神が不安定、ストレスを受けやすい、イライラしやすい、

怒りっぽい、ウツ気味、夢や希望が持てない・・・

このような症状を訴えている方が、とても多くいらっしゃいます。

それらが全て、丹田が弱いからという理由で起こるとは断言できませんが、しかし丹田力が弱いことに気づかずに

苦しんでいる方も沢山いらっしゃるのは事実です。

今回は丹田を鍛えることで得られる6つの効果についてお伝えします。

愛キャッチ

丹田を鍛えて得られる6つの効果

1,姿勢が良くなる

     ⇒重心が安定した状態になる。肩の力が抜け、お腹に安定感のある無駄のない自然な動作が保てる。 

2,内臓の働きが良くなる

   ⇒胃腸の調子が良くなり、胃痛・便秘・冷えなどの解消につながる。

3,免疫力が上がる

⇒病気予防・改善、疲労回復、不定愁訴改善。

4,老化防止、若返る

 ⇒血流がアップし、肌の調子が良くなる。ホルモンの活性化による若返り効果。

5,集中力・記憶力が上がる

脳の活性化、認知症予防。

6,うつ・落ち込みからの回復が早くなる

 ⇒脳内神経伝達物質『セロトニン』の活性化。

 

まとめ

・丹田は、私達の体の健康や“生命力を生み出さす源”。
・丹田を鍛えていないと精神的、身体的に不安定になりやすい。
・丹田を鍛えることで、主に6つの効果が得られる。
①姿勢が良くなる ②内臓の働きが良くなる ③免疫力が上がる ④老化防止・若返る ⑤集中力・記憶力が上がる
⑥うつ・落ち込みからの回復が早くなる